輸入住宅 メープルホームズ愛媛南 スタッフブログ

住まう方のライフスタイルや価値観を大切にした 夢の住まいづくりをご提案する メープルホームズ愛媛南のスタッフ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宇和島Y様邸新築工事 №5

≪ツーバイフォーの遣方(たてかた)≫




基礎工事までは木造在来工法とあまり変わりませんが、
今回はツーバイフォーの遣方(たてかた)を、ご報告します。




まず、1階の床組みです。
基礎の天端に床下換気スペースを敷いてボルトで緊結します。


DSCF0770.jpg





その上に1階の床根太(床を構成する構造材)を敷いて、
床の構造用合板を張り、1階の床組みが完了です。


DSCF0776.jpg


DSCF0779.jpg





プラットフォームと呼ばれる床の上に、工場で製作した壁パネルを搬入し、
割付図の通りに並べ床に固定します。


DSCF0786.jpg


DSCF0787.jpg





2階も同様に、床根太を敷いて壁パネルを固定していきます。


DSCF0788.jpg


DSCF0792.jpg





最後に屋根を構成する垂木を並べて、
屋根用構造用合板を張って、躯体工事の完了です。


DSCF0799.jpg


CIMG0797.jpg





ここまでご覧頂いたように、ツーバイフォー工法と言うのは枠組工法と呼ばれ、
柱と梁ではなく、壁と床のパネルで箱のような六面体を形成して、剛性を生むという理屈です。


段ボール箱で例えると、フタを開けているとネジれるのに、
フタを閉めるとネジれが止まる、面構造を感じた事がある方も多いと思います。
間仕切りが入っている段ボール箱なら、人が乗ることもできます。


北米で生まれたツーバイフォー工法ですが、
横揺れ、縦揺れも起こる地震大国、日本には軽さと強度のバランスに優れた
ツーバイフォー工法こそ最適なのかもしれません。


20091030151527063_0001.jpg


スポンサーサイト
  1. 2009/10/30(金) 17:26:34|
  2. 宇和島Y様邸新築工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宇和島Y様邸新築工事 №6 | ホーム | 宇和島Y様邸新築工事 №4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://colombolg.blog67.fc2.com/tb.php/51-f31bf2a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

colom.

Author:colom.
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

宇和島Y様邸新築工事 (10)
リフォーム (3)
未分類 (41)
松山市M様邸新築工事 (1)
?š? (0)
松山市M様邸 (1)
K様邸新築工事 (0)
鬼北町K様邸新築工事 (8)
トピックス (0)
宇和島市T邸新築工事 (6)
社員紹介 (1)
大洲市I邸新築工事 (2)
Sumaile (49)
MAPLEHOMES (5)
西予市 Y様邸 (10)
西予市 Y様邸2 (5)
松山市 W邸 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。