輸入住宅 メープルホームズ愛媛南 スタッフブログ

住まう方のライフスタイルや価値観を大切にした 夢の住まいづくりをご提案する メープルホームズ愛媛南のスタッフ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宇和島Y様邸新築工事 №10

’09年7月末に地鎮祭を行い、8月に着工したY邸、ようやく完成しました。

CIMG0883.jpg

CIMG0885.jpg

玄関ホール

玄関ホール2

LDK.jpg

LDK2.jpg

LDK3.jpg


階段

1階ドア

2階ドア

洗面

詳しくはメープルホームズ・インターナショナルのホームページ(最新施工事例)→(事例一覧)で見る事ができます。

GWあけの週末に、Y様ご夫妻が当社SRにお越し頂き、シリーズ化されたばかりの『北欧シリーズ』を気に入ってもらったのが始まりでした。
北欧系は奥様のご希望で、’10年3月に転勤が決まっているご主人様はあまり興味が無い様子。
打合わせでの決定権を全て奥様に委ねられている感じでしたが、引越後は「快適でよそに転勤するのが嫌になった!」
そうです。
打合わせに毎回同席してくれたIちゃん、引き渡しの時には、満面の笑顔で家中かけ回っている姿が可愛かったので、撮影を試みたのですが、ピタッと立ち止まり固い表情に・・・残念!!

あいちゃん

こんな楽しいご家族と一緒に『住み手が住みたい家、作り手が作りたい家』の建設に携わり、楽しく充実した仕事を
させて頂きました。
Y様、ありがとうございました

また、完成後に施主様のご好意により、完成見学会を開催させて頂き、皆様国内住宅メーカーの展示場とは違うテイストを味わって頂きました。

見学会

後日、見学者から感想のメールを頂きましたので、この場を借りて掲載させて頂きます。

『先日は、完成見学会にお招き頂きまして、ありがとうございます。
2×4工法のモデルハウスではなく、実際に住まわれるお家を初めて見学することが出来ました。
私の感想は、まず間取りの素晴らしさ!です。
通路や階段などに圧迫感がなく910mmのモジュールで建てたことを感じさせないところや、無駄のない部屋の配置に設計の完成度の高さを感じました。
白い壁のおかげか、天井も2400mmよりも高く感じ、開放感がありました。
また長方形ではない変形狭小地にもかかわらずこれだけの家が建ったものだと感心しました。
そして、予算との都合(実際いくらで建てたかは???知りませんが・・・)で妥協しなければいけないところと、ここは妥協したくなかったところがあったと思いますが、バランス良くまとめ実現されえいるなあと感じました。
私は9月に構造見学会で一度拝見させていただきましたが、妻は今回が初めての見学。
サンタフェではなかったのであまり乗り気ではありませんでしたが、実際拝見して見る目が変わったようです。
玄関からトイレ、脱衣所等が直接見えない動線、玄関も2畳分とゆったり取ったうえで、シューズクローゼットを確保し、家族の靴で玄関が散らからない配慮等々、間取りに感動していました。
普段色々な間取りを見てもイマイチと思っていた二人ですが、これはすごい!と思わせる一軒でした。
またインテリアでは、壁の大部分を白一色で、クローゼットやトイレなど小さなスペースの場所を派手な模様にしてアクセントとしている所などセンスが光りますね♪』












スポンサーサイト
  1. 2010/01/25(月) 17:04:18|
  2. 宇和島Y様邸新築工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇和島Y様邸新築工事 №9

2009年も残り2週間となり、暖冬という予報に反して
本日は初雪がちらつく寒い日となりました。


建築工事は外部からの雨水進入を防ぐため先行して外装工事を進めていますが、
それが終了すると内装工事に移ります。
まずは壁内・天井裏に電気配線・給排水配管を施しながら、
ドア枠やサッシ内枠の取付、フロア材張り、階段造作を行い、
石膏ボードを張って仕上げていきます。




①




②




③




内装工事が終了すると、次は塗装工事。
ドア・床等、国産工業製品を使う場合は、あまり重要ではありませんが、
無垢の輸入建材を使う場合、インテリアのイメージを左右する重要な工程になります。
Y様邸は、メープルホームズの『北欧シリーズ』の推奨イメージと
奥様のお好みが一致し、方向性は決定しました。




北欧インテリア画像




設計打合にて塗料品番は決定するのですが、
決定品番の濃度・調色をしながら最終決定することになります。
パインの無垢の素朴感を出すためには木の目合いや節の存在感を出しつつ、
その部屋のインテリアイメージに合う着色濃度を決定しなければなりません。
また、素地の色合いによって調色を行いサンプル塗装を重ねながら、
本塗装に進んでいきます。




④




⑤




Y様邸は、1階はパインフローリングに合わせてドアも無垢のパインドア、
2階は集成フロア材のためパネルドアをチョイスされましたので、
それぞれの素材を生かすため、1階はオイルステン系、
2階はオイルペイント系の塗装を施しました。




⑥




⑦




⑧




⑨




あとは、クロスを貼り、タイルを張り、美装を施すと建物は完成です。




⑩




⑪




⑫




⑬










  1. 2009/12/18(金) 11:16:11|
  2. 宇和島Y様邸新築工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇和島Y様邸新築工事 №8

今回は外装工事の話に入っていきますが、
外装材も様々な種類・特色が有り、皆さん決めるのに時間を要する項目です。
防汚性能やメンテナンス性を求められる方、色あせ等の耐候性を求められる方、
建物に豊かな表情を与える素材感・質感を求められる方、選択基準は千差万別です。

ちなみに私、個人的には質感重視タイプ!
ここ20数年、サイディング(工場で仕上げ塗装された板状のもの)が
外装材の主流となってますが、モルタル下地・吹き付け仕上げの風合いも、
経年変化によって深みを増すところも好きで、
ついつい設計打合でも勧めてしまいます。

Y様邸ご夫妻も、そんな私の提案に共感いただき、
1階はモルタル下地スタッコラースト吹き付け仕上げ、
2階はスカンジナビアの森に佇むコテージのような板張りを採用して頂きました。

まず、壁の構造用合板の上に透湿防水シートを張り、たて同縁を付けますが、
この同縁の厚み分が、壁面通気層となり、外からの防水、壁内の放湿、
壁面湿度の抑制の役割を果たします。



2.jpg





その上に、ラスカットパネルを張り、継目をセメント系専用目地で埋めて
防水措置を施した後に、モルタル割れ防止のためのネットテープを貼ります。



1.jpg



4.jpg






下地が完了すると、専用モルタルを塗って、養生期間を取って
アルカリ成分が出なくなったのを確認したら、吹付塗装を行います。



3.jpg





モルタル塗りと言うと、メタルラス下地(黒いシートの上に金網を張ったもの)を
イメージされる方も多いのですが、ラスカットパネル下地にすると
下地との接着力も高く、乾燥収縮による割れも少ないため
質感重視タイプの方は是非検討してみて下さい。



  1. 2009/12/12(土) 13:32:01|
  2. 宇和島Y様邸新築工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇和島Y様邸新築工事 №7

秋雨の降る寒い日が続きましたが、本日は久々に青空が見え、
暖かい陽気に包まれたお陰で、工事は着々と進んでいきます。

雨仕舞(外部からの雨水進入防止)が完了すると
外装・内装工事に入りますが、その前に断熱工事!!

最近は断熱の素材・形状・施工方法等、多種多様化しているため
『結局、どれが一番いいの・・・?』
と悩まれる方は多いのではないでしょうか。

メープルホームズでは、『アイシネン』(詳しくはHPの性能技術サイトをご覧下さい)
を推奨していますが、Y様邸では現場発泡ウレタンの断熱工法をチョイスしました。

ポリウレタンとガスを混合してフォーム状にしたものを
屋根裏・外壁内側・床下にノズルで吹き付けると
隙間なく膨らみ硬化して発泡スチロールのようになる断熱材です。

アイシネンのような万能タイプとは言えませんが、リーズナブルな価格の割に、
窓を閉めると表を通る車の音や隣接する高校グラウンドで練習する
サッカー少年の声が殆ど聞こえなくなり、気密性の高さを実感しました。



DSCF0831.jpg



DSCF0830.jpg



また、今年は9月に大型連休が有ったため、
Y様のご好意に甘え構造現場見学会を開催させて頂きました。
近隣市町村は元より中予地区や高知県からも多数見学に来て頂きましたが、
既に取付されている木製サッシのパイン材の質感を気に入られた方が
多かったようです。



CIMG0824.jpg



完成報告時には、サッシだけではなく、床・階段・内装ドアなど
無垢のパイン材に包まれた空間の優しさ・柔らかさを
ご報告出来ると思いますのでご期待下さい。





  1. 2009/11/26(木) 10:57:46|
  2. 宇和島Y様邸新築工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇和島Y様邸新築工事 №6

一段と朝夕の冷え込みが厳しくなりました。
今朝はあまりの寒さに、いつもの作業着の下に
タートルネックシャツを一枚プラスした私です。
日々の忙しさに、ついついブログ更新を怠ってしまいました。
がっ!工事は着々と進んでおります。
猛省しつつ、はりきってブログに取り掛かるとします。




さて。構造躯体工事が完了すると、次は各部位の防水工事を行います。
まずは、屋根。屋根合板の上にアスファルトルーフィングと呼ばれる
屋根下葺き材を敷き、屋根材を釘留めします。
Y様邸で使用する屋根材は、
アスファルトシーリング系のオークリッジプロという材料です。




DSCF0803.jpg




CIMG0810.jpg







次にバルコニー。2階床合板の上に、水勾配を取る下地を組み、
その上にコンパネを張り、FRP(繊維強化プラスチック)を塗布します。
FRPは小型船舶や車のバンパーに使われる素材で、
軽量・耐候性・耐食性に優れていますが、鉢植等の堅い物を落とすと
割れてしまうので、バルコニーでガーデニングをされる方は
防水層の上にデッキを敷く等の耐衝撃対策を施すことをお勧めします。




DSCF0807.jpg




DSCF0808.jpg




DSCF0826.jpg







次に窓回り。使用するサッシは輸入木製窓のトップブランド、
マーヴィン社製のインティグリティー。
室外側は、ファイバーガラスを主成分とするアルトレックスという素材で
耐候性に優れ、室内側はポアンデロッサパインの木目の美しさを
インテリアに取り組むことができます。
ただし、外部形状や取付方法が国産アルミサッシとは異なるため、
特殊な施工を施さなければなりませんが、アルミや木に似せた樹脂ではなく
本物の木が見えるインテリアはナチュラル系の家づくりを目指す方には
是非使って頂きたい一品です。




DSCF0822.jpg




DSCF0823.jpg




DSCF0827.jpg




DSCF0833.jpg













  1. 2009/11/19(木) 15:34:28|
  2. 宇和島Y様邸新築工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

colom.

Author:colom.
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

宇和島Y様邸新築工事 (10)
リフォーム (3)
未分類 (41)
松山市M様邸新築工事 (1)
?š? (0)
松山市M様邸 (1)
K様邸新築工事 (0)
鬼北町K様邸新築工事 (8)
トピックス (0)
宇和島市T邸新築工事 (6)
社員紹介 (1)
大洲市I邸新築工事 (2)
Sumaile (49)
MAPLEHOMES (5)
西予市 Y様邸 (10)
西予市 Y様邸2 (5)
松山市 W邸 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。